東京ノーストクリニック

event
性の悩み研究所

東京ノーストクリニック

日本人の成人男性の過半数以上は包茎を患っていると言われており、東京ノーストクリニックでは三種類の包茎の治療を行っています。
多くの男性が患うのは治療も簡単で症状が比較的軽い仮性包茎ですが、カントン包茎と真性包茎は厄介で治療にも苦労が伴います。
しかし東京ノーストクリニックには経験豊富なベテラン医師が在籍しており、難しい包茎も治療してもらえるのがメリットです。

男性が患う包茎は大きく三つのタイプに分かれますが、東京ノーストクリニックはいずれのタイプも治療が可能です。

三種類あるうち最も治療が簡単なのは、患者数が最も多いのが仮性包茎です。
成人男性の多くは仮性包茎と言われており、深刻な症状ではありませんが美容面からコンプレックスを抱く人が多く存在します。
仮性包茎の特徴は平常時は包皮により亀頭が覆われているが、勃起すると自然に剥けることです。
重度の場合は勃起しても亀頭が完全に露出されませんが、手を使って痛みを伴わず簡単に剥くことができます。
いずれも自ら亀頭を露出できるため必ずしも手術は必要ありませんが、東京ノーストクリニックの治療により改善できます。

仮性包茎より厄介なタイプがカントン包茎で、スムーズな排尿なセックスの妨げになるため早期の治療が必要です。
最近では包茎を改善する専門の器具が販売されていますが、カントン包茎と後述の真性包茎は適切な手術でなければ根本的な治療ができません。
先端部の包皮輪が狭窄していることで起こる包茎で、亀頭が綺麗に露出できないのが特徴です。
無理矢理向いても痛みを伴い、セックス時にも満足できる快感を得られないなどデメリットが多くあります。
東京ノーストクリニックでは包皮を切除し縫合する術式があるため、綺麗に治療ができます。

最後に紹介する真性包茎が最も厄介で、患者数は限られていますが深刻な問題です。
亀頭が包皮により完全に覆われており、中には包皮が亀頭と完全に癒着して並の医師では対処できない場合もあります。
露出されない亀頭に恥垢が溜まり悪臭を放つなど、とにかくデメリットしかないため早期の手術を要します。
経験を積んだ東京ノーストクリニックでは真性包茎であっても治療を拒まれることはないため、気になる方は是非とも受診してください。

東京ノーストクリニックでは三種類あるすべての包茎治療に精通しているため、患者が自らあきらめることはありません。
深刻な症状でもまずは診せることが大切なため、手術の前に行われるカウンセリングで不安なことを遠慮せず伝えることです。

東京ノーストクリニックの31医院の情報です→上野・秋葉原院京都院仙台院八王子院千葉院名古屋院大宮院大阪院姫路院宇都宮院岐阜院岡山院広島院新宿院新潟院札幌院梅田院横浜院水戸院渋谷院甲府院町田院盛岡院福岡院豊田院郡山院金沢院長野院静岡院高崎院高松院


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です